OB・OG 会会則

第1条 本会は國學院大學久我山高等学校剣道部OBOG会と称する。

第2条 本会の事務局を國學院大學久我山高等学校内に置く。

第3条 本会は久我山高校在学中に剣道部に在籍した者によって組織する。
但し、久我山高校剣道部を愛し、本会の主旨に賛同して入会を希望する者は総会での承認を経て特別会員として入会を認めることがある。

第4条 本会は会員相互の連絡を密にし、久我山高校剣道部の向上、発展を後援することを目的とする。

第5条 本会は前条の目的を達成するため、次の行事を行う。
1. 剣道部の後援
2. 総会、幹事会の開催
3. 会報の発行(随時)
4. 稽古会の開催
5. その他必要と認められた行事

第6条 本会に次の役員を置く。
1. 会  長 1名
2. 副 会 長 若干名
3. 幹 事 長 1名

4. 副幹事長 若干名
5. 幹  事 原則各期男女1名
6. 会  計 2名
7. 広  報 若干名
8. 会計監査 若干名
尚、幹事会の審議により名誉会長(学校長)、相談役を置くことができる。但し、相談役は原則として久我山中学高校の教職員とする。

第7条 役員の選出は定期総会において行う。

第8条 役員の任期は3ヵ年とする。但し、重任は妨げない。

第9条 本会に総会及び幹事会を置く。

第10条 総会は全会員をもって構成し、毎年10月に定期総会を開き、その他必要に応じて臨時総会を開く。

第11条 幹事会は役員をもって構成し、必要に応じて会長もしくは幹事長がこれを招集する。

第12条 本会役員の改選は10月の定期総会において選挙によって行われる。

第13条 役員の任務は次の通りとする。
1. 会長は会務を掌握し本会を代表する。
2. 副会長は会長の会務を補佐する。
3. 会計は本会の会計事務を担当する。
4. 広報は本会の議事を記録、及び会員向けの情報発信をする。
5. 幹事長は会長、副会長及び幹事と連絡を取り、本会を円滑に運営する。

6.副幹事長は幹事長の任務を補佐する。
7. 幹事は各期を代表し、各期の取りまとめを担当する。
8. 会計監査は本会の会計事務を監査する。

第14条 定期総会において行う事項は次の通りとする。
1. 予算の議決及び決算の承認
2. 会務の報告
3. 役員の選挙
4. 行事の計画
5. その他必要と認められた事項

第15条 総会での議長は副会長がその任に当ることとし、副会長事故あるときは、会長もしくは出席者の総意により役員の中から任命する。

第16条 総会の議事は、出席者の過半数でこれを決し、可否同数の場合は議長の決するところによる。

第17条 本会に次の帳簿を置く。
1. 会計簿

第18条 本会の会費は、会員1名につき年間1口3,000円、1口以上とする。
但し、総会もしくは幹事会の決議により別途寄付金を求めることがある。

第19条 会費は、一年分を6月末までに納入することを原則とする。

第20条 年度の中途に入会する者の会費も一年分とする。

第21条 脱会する者の会費は返還しない。

第22条 会費の支払方法は、原則として銀行振込で行う。
三菱東京UFJ銀行 烏山支店 普通4687990
國學院大學久我山高校剣道部OB会 松宮真人

第23条 本会の会費の使途は現役剣道部員の活動の補助を目的とする。

第24条 本会は毎年6月に決算をなし、10月の定期総会において総会の承認を得るものとする。

第25条 会員及びその家族(1親等以内)が死亡したときには、会長・副会長・幹事長競技の上、弔慰金を贈呈することがある。金額はその都度競技の上決定する。

第26条 本会則の改正は、総会によってなされる。

第27条 本会則は、平成19年1月より施行する。